保護アスファルト防水工事

施工年月 令和3年6月 地域 愛知県地内

施工概要

皆様こんにちは。
本日ご紹介する工事は
「保護アスファルト防水工事」です。

アスファルトシートと溶融アスファルトを何層も施工する
アスファルト防水工法は、高い防水性を図ります。

アスファルト防水施工後は保護コンクリートを打設します。
保護コンクリートは歩行頻度の高い場所から防水層を守る効果と、
紫外線から防水層を守る効果があります。

コンクリートの伸縮に追従する目地材を一定の間隔で設置し、コンクリートが地震などの揺れで防水層を傷めないようにしています。

建物のことでお困り事がありましたらお気軽にご相談下さい。

写真

  • 保護アスファルト防水工事

  • 着工前

  • プライマー塗布状況

  • 絶縁シートジョイント部処理状況

  • アスファルトシート流し張り状況

  • アスファルトコンパウンド塗布状況

  • 立上りトップコート塗布状況

  • 伸縮目地設置状況

  • 完成

最近の施工事例一覧に戻る

トップへ戻る