ノア大忘年会

皆さまこんにちは

 

今日は11月23日「勤労感謝の日」です。

「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」

として今から70年前の祝日法施工により制定されました。

 

6歳の娘は保育園で

「お仕事しているお父さんお母さんにありがとうの気持ちを伝える日」

と先生に教わるようで、手作りのメッセージカードに感謝の言葉を添えてプレゼントしてくれました。

 

「ママ、いつもおせんたくありがとう。

 パパ、いつもおそとをそうじしてくれてありがとう」

ってかいてあるのよ~♪

と嬉しそうに話す娘を微笑みながらもビミョーな気持ちで見つめてしまいます。

そもそも11月23日は勤労感謝の日ではなく、「新嘗祭」であり

五穀豊穣を願う宮中行事として、1400年もの長きにわたり

歴代天皇が脈々と受け継いできた国事です。

 

73年前の大東亜戦争敗戦により、アメリカのGHQの占領政策のもと

天皇行事、国事行事から国民を切り離すために

新嘗祭を勤労感謝の日へと改めさせました。

 

もちろん、子が親を敬い感謝の意を表すことは、彼らの人格を形成する上で

重要なことだとは思うのですが、本来の意味を伝えず

ゆがめられた歴史観を子供達に伝えるだけでは

親として大人として不十分だと思うのです。

 

この場でこれ以上持論を述べるのは控えますが

知ろうと思えば様々な情報にアクセスできる世の中です。

一度自国の歴史をご自分で調べてみてはいかがでしょうか。

自身が生きる現在(いま)を過去へとさかのぼり、事実を知ることで

これからのあるべき姿、「生き方」が定まると思うのです。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

11月22日はノア大忘年会でした。

今年で第5回目を迎える社外向け忘年会ですが

回を追うごとに参加いただける企業様が増え

今の会場では手狭に感じるほどとなりました。

 

乾杯の挨拶もほどほどに、酒を互いに酌み交わし語らう姿は

会社は違えども苦楽を共にする仲間の様にも感じられます。

 

酔いがまわり、普段より饒舌になった皆様に

「●●は成長したな~」

「▲▲はよく頑張っとる」

などお褒めの言葉をいただいたり

改善すべき点を助言いただいたりと

ノアの社員を想ってかけられる言葉の一つ一つが

有難く、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

社員一人ひとりの力だけでなく

協力会社の皆さまの力をお借りし

その助けを受けているからこそ今日のノアがあるのだと。

そのことを謙虚に受け止め

感謝の気持ちを持ち日々の仕事に取り組むことが大切なのだと

改めて感じさせていただける会となりました。

 

今年も残すところあと1か月ほど。

これから年末の繁忙期を迎えますが

互いを思い合い忙しい日々を乗り越え

清々しい気持ちで新年を共に迎えましょう。

トップへ戻る